文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

文具女子博2019が開幕 前日のプレミアムタイムの開場前には行列も

2019年12月12日

プレミアムタイムの待機列の様子

会場内は通路を広くとってあり動きやすい印象

 日本出版販売は、12月12日(木)~15日(日)の4日間、東京流通センター 第一展示場A~Dホール(東京都大田区)で、“見て・触れて・買える”日本最大級の文具の祭典「文具女子博2019」を開催する。

 今回新たに開催前日の夕刻に「プレミアムタイム」を設け、開催前日の11日16時から19時までを完全限定入場制とし、参加者は本開催に先行して買物や一部のイベントを体験した。
 
 プレミアムタイムではワークショップなど一部が体験できないという制限はあったものの、一足先に買い物ができるとあり、開催時間前にはすでに多くの参加者が列をなしていた。

 前回までと違い、今会場ではワンフロアでの開催となり、事前にマップのダウンロードも可能だったことで当日の計画などがよりスムーズにたてられるようになった印象。多くのブースが限定品や、成功発売などを行っていることもあり、どのブースも多くの人でにぎわっていた。

 前売入場チケットはすでに予定枚数に達したため、販売を終了しているが、売入場チケットがなくても、当日入場受付にて入場料を支払うことで入場が可能となってる。(税込み650円 小学生以下無料)


 日販は16日、会期中の来場者数を発表し、前回を大きく上回る3万8,000人だった。
                                                         (G)

[最近の記事一覧]