文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

ショウワノート、おもちゃショーで新発想「ブラックアートぬりえ」

2019年06月24日

おもちゃショーに出展したショウワノートブース

ぬりえランド

 6月13日~16日、国内最大級の玩具見本市「東京おもちゃショー2019」(一般社団法人日本玩具協会主催)が東京ビッグサイト西展示棟1~4ホールで開催。

 今年で58回目の開催となり、出展191社(国内151社、海外40社)が総数3万5000点のおもちゃを出展。13日~14日を商談見本市、15日~16日をパブリックデー(一般公開、入場無料)とし、期間中15万2409人(前年16万190人)が来場した。

 文具業界からはショウワグループ、学研ステイフルなどが出展。

 このうちショウワグループでは、8つの展示カテゴリーを展開した。

 ぬりえランドで、新発想の「ブラックアートぬりえ」(8月発売)を発表した。

 従来の白地から、黒い紙の上に塗って遊ぶ新感覚の塗り絵。背景が黒いので、明るい色のペンがきれいに映えるほか、色鉛筆で塗ることもできる。

 また面で塗らずに、線をなぞり描きするとまるでネオンみたいにかわいいラインアートができる。いろいろな種類が入っているので、大人も子どもも楽しむことができる。

 会場では、第1弾のムーミンを展示し、「ブラックアートをぬりえ」をもっと楽しむためのラメ顔料インキとゲルインキのボールペンも同時に紹介した。

 また「塗り絵セレクション」から塗り絵セレクションとアートぬりえを紹介。

 注目を集めていたのが、2020年に発売50周年を迎える「ジャポニカ学習帳」が文具になったシリーズ(8月予定)。

 ラインナップは、消しゴム、ミニノートふせん、ゼムクリップ、マスキングテープ、フラットケース、お道具箱、ポーチ、スマホカバーなどボリュームある展開で、フレークシールは歴代の表紙がシールになっている。

 人気キャラクターでは、「チコちゃんに叱られる!」第2弾(6月発売)、「ちびまる子ちゃん」ステーショナリー、「ポケットモンスター」ミューツーの逆襲(7月予定)、「ドラえもん」トリックシリーズ第2弾(7月予定)。

 正月商品ではかるた、すごろく・ふくわらい、ポチ袋(10月)。通年で発売するポチ袋からは、貼り絵ポチ袋、和紙ひとことポチ袋、和紙風ポチ袋(以上10月予定)と開くと嬉しいポチ袋(発売中)を出品した。

 幼児定番では、B4パズルと4面遊べるシールバッグ、人気の「着れちゃうダンボール」からは甲冑とダース・ベイダーを紹介。 

 また、ショウワグリムからは折り紙を出品した。

[最近の記事一覧]