文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

プラス、売上の一部で被災地児童を支援 第一弾は色画用紙を寄贈

2011年05月24日

学校の様々なイベントや、工作などに必要とされる色画用紙で、被災された子どもたちの行動力や創作意欲を支援する

 プラス(東京都港区)ジョインテックスカンパニーは、主力事業であるスマートスクール、スマートオフィスの売上の一部から、震災の被害に遭った小・中学校へ色画用紙200セットを寄贈する「チャイルド スマイル・プロジェクト・ジャパン(child smile PROJECT Japan)」キャンペーンを5月16日から開始した。

 これは全国のスマートスクール、スマートオフィスのサービスを利用するユーザー(学校、官公庁、企業など)に特定の対象商品(レモンせっけんやパイプ式ファイルなど)を購入してもらい、売上の一部を寄付として、被災した学校に色画用紙セットを寄贈する。

 贈呈する学校は、岩手、宮城、福島各県の校舎が被災するなどした小学校、中学校の約200校。

[最近の記事一覧]