文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

東京会場が盛況、リコージャパン「Value Presentation 2014」

2014年07月15日

様々な経営課題とその解決事例は、大企業から小売店まで幅広いニーズに対応していた

暗闇の中をイメージして展示された、世界初のバッテリー搭載ファクス機能付複合機「RICOH SG 3120B SF」

 リコージャパン(佐藤邦彦社長)は、顧客とともに取り組んだ改善・改革事例やリコーグループでの社内実践事例をセミナーや展示を通じて紹介する「Value Presentation 2014」を7月10日~11日の2日間、千代田区の東京国際フォーラムで開催した。

 「Value Presentation」は、東京を皮切りに、全国7都市で開催される。今回は、「今を高めて未来を創る」をテーマに掲げ、リコーグループが取り組んだ社内実践ノウハウや、顧客とともに実現した数多くの課題解決事例を、セミナーや展示を通じて紹介した。

 ソリューション展示を行うコミュニケーションエリアでは、「売上拡大」「業務プロセス改革」「ワークスタイル変革」「経営基盤強化」の4つの経営課題でゾーニングし、様々な課題が吹き出し型パネルに呟きのように表示され、その下にはプリンター、webサービス、PCソフトなど色々な製品と、それらを使った様々な改善・改革や実践の事例がわかりやすく展示されていた。

 セミナー会場では、ガリバーインターナショナル会長の羽鳥兼市氏、元共同通信社編集局長で現在はジャーナリストの後藤謙次氏などの著名講師陣による「エグゼクティブセミナー」や、リコーグループが自ら実践してきた事例やトレンドに対応したICTの活用事例を紹介する「CCSセミナー」を実施した。

 大阪、仙台、札幌、名古屋、福岡、広島で順次開催する。

[最近の記事一覧]