文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

介護業界初のワンストップ通販サービス SOMPOケア、プラスとオザックス

2021年03月30日

「SOMPOケア専用バナー」と「オザックスの厨房専用用品コーナー」画面イメージ

 SOMPOグループで介護事業を行う、SOMPOケア(遠藤健社長)、プラス(今泉忠久社長)、オザックス(尾崎豊弘会長兼社長)の3社は共同で、SOMPOケアが介護事業者に提供する「ビジネスプロセスサポート」(BPS)の新サービスとして、プラスが運営する介護・福祉施設向け通販サービス「スマート介護」ECサイトで、オザックスの厨房用品販売を開始した。

 SOMPOケアは、全国に介護付きホームやサービス付き高齢者向け住宅を400以上、さらに550以上の在宅事業所を展開。

 これまでに培った豊富なノウハウや実績を活かし、あらゆる面から介護事業の運営に伴う課題解決を支援するサービス「BPS」を、2020年4月から全国の介護事業運営法人や新規参入を検討する事業者に向け展開しており、今回の新サービスでさらに持続可能な介護サービスの提供を目指す。

 プラスの「スマート介護」は、介護・福祉施設向け通販サービスとして、3万4000以上の介護・福祉施設(2020年11月現在)で採用されている。

 また、オザックスは企業向けに業務用消耗品・厨房備品・食器・衛生用品等を販売する。

 従来、介護・福祉施設が必要とするさまざまな商品全般を取り扱う介護事業者専用の通販サービスが無く、介護事業者は商品によって複数のサービスを使い分ける必要があり、業務効率面で課題があった。

 新サービスでは、介護・福祉施設の必要備品全般をスピーディーにワンストップで購入できる、介護業界初の通販サービスとして、介護事業者に利用してもらうことで、業務効率アップやコストダウンに貢献する。

 サービスの申込受付窓口は、SOMPOケアとなる。

[最近の記事一覧]