文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

横浜駅西口に新生「相鉄ジョイナス」 店舗数430店、今年12月オープン

2015年04月16日

 相鉄グループの相鉄ビルマネジメント(横浜市西区、千原広司社長)が運営する横浜駅西口のショッピングセンター「相鉄ジョイナス」と「ザ・ダイヤモンド」は、現在推進中である両施設をリニューアル・一体化させる全館プロジェクト「Change!Project2013~2016」を当初計画より繰り上げて2015年12月に完了、これを機に両SCの名称を「相鉄ジョイナス」に統一し、グランドオープンする。

「相鉄ジョイナス」は1973年11月に開業し、地下2階地上4階の売場面積2万5,118平方メートルに277店舗(今年4月現在)を展開し、売上(2014年度)は約326億円。

 「ザ・ダイヤモンド」は、1964年12月に開業し、地下1階で売場面積1万533平方メートルに115店舗(同)あり、売上(同) 約271億円。

 グランドオープン後は、店舗数合計約430店舗、売上目標約670億円となり、高い売上効率と立地優位性を持つ、首都圏有数の大型商業施設となる。

 一体となった施設は、「地上エリア(1~4階)」「地下エリア(地下1・2階)」で役割を大きく分け、地上階は感度の高いファッションフロア、地下階はスイーツ&フード、レストラン&カフェ、ライフスタイルグッズ、ファッション、ビューティー&サービス等の幅広い業種フロアとすることで、地上エリアで広域商圏客に、地下エリアで地域商圏客に利用してもらう強みを備えたSCとして、新たな発展と成長を目指す。

 今後のスケジュールは、5月14日に地下1階「ダイヤキッチン」、 同21日に地下1階「ジョイナスダイニング」がそれぞれエリア全面オープン。8月~12月にかけて、 地下1階ファッション・雑貨エリアが順次オープンし、12月に新生「相鉄ジョイナス」が全館グランドオープンする。

[最近の記事一覧]