文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

もうすぐ「まちびらき」 南町田グランベリーパーク説明会

2019年11月12日

説明会に登壇したソニー・クリエイティブプロダクツの中山三善氏

炎が飛び出すオブジェクトは大迫力

 町田市、東急、ソニー・クリエイティブプロダクツは11月7日、プレス向けに「南町田グランベリーパーク」の説明会と内部公開を実施した。

 3社が官民連携し再開発に取り組んだ新しいまちは13日に「まちびらき」を控えている。約240店舗が出店する商業施設「グランベリーパーク」、まちの玄関口となる「南町田グランベリーパーク駅」、緑豊かな憩いの場「鶴間公園」に加え、商業施設と公園の間に位置する「パークライフ・サイト」にはスヌーピーミュージアムやピーナッツカフェ、まちライブラリー、児童館などがオープンし、郊外住宅地に魅力あふれる「新しい暮らしの拠点」を創り出すことを目指す。

 グランベリーパークの青木太郎総支配人は説明会で、「『生活遊園地』をコンセプトとして、楽しいがあふれる暮らしのエンターテイメントパークを目指している」と述べた。

 スヌーピーミュージアムは12月14日にオープンするため内部は公開されなかったが、館長の中山三善氏が説明会に登壇し、「以前営業していた場所は、六本木の再開発の都合で最初から契約期間が決まっていた。新天地を探していたところに町田市から声をかけていただき、移転することになった。また、ここは世界で唯一のシュルツ美術館の分館となるので、同じように緑に囲まれた環境というのもピッタリの立地だった」と説明した。

 

[最近の記事一覧]