文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

リコー 世界最小・最軽量ユニット交換式カメラシステム「GXR」発売

2009年11月13日

各メディアのカメラマンも発表会の後、大注目

カメラユニットをボディへスライドイン

 リコー(近藤史朗社長)は、11月10日、東京大田区の同社大森事業所で記者発表を行い、レンズ交換ができるユニット交換式カメラシステム「GXR」(オープン価格)を12月上旬に新発売すると発表した。

 ボディ内部に撮像素子を持たず、「レンズ、撮像素子、画像処理エンジン」が一体となったカメラユニットをボディへスライドイン。マウント方式により着脱することでレンズ交換ができ、撮影シーンに応じた組み合わせが可能。

 画像処理エンジン「GR ENGINEⅢ」との組み合わせで、なめらかな階調性を実現。一眼レフ並みの高画質な撮影ができる。24~72ミリの高性能3倍ワイドズームレンズを採用し、広視野角、高コントラストの大型、高解像度液晶モニターを搭載した。

 リコーは、今までにない同製品のシステムについて、「コンパクトデジタルカメラにこだわりながら、一眼レフでもできなかったことが実現できたと思う」(リコーパーソナルメディアカンパニープレジデント湯浅一弘氏)。

 また、来年には望遠レンズの発売も予定している。

[最近の記事一覧]