文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

超極細0.2でも芯が折れないシャープ発表 「0.1」も参考出品 ぺんてる

2014年01月09日

注目のオレンズ

会場では美文字のデモも行われた

 ぺんてる(和田優社長)は、1月8日(13時~19時)~9日(9時~17時)、東京品川のザ・グランドホールで、新製品発表商談会「2014ぺんてる・スプリング・コレクション」を行い、2日間で1100名が来場した。

 昨年から衣替えし、同社の蓄積された技術力が披露された場は、今年大きな動きが見られた。

 注目を集めたのが、超極細0.2でも不思議なほど芯が折れないシャープペンシル「オレンズ」(税別500円、2月12日発売)。

 「オレンズ」は、中学生・高校生の「ノートをキレイにとる事で効率的に成績アップを目指したい」というニーズに対応して開発された新製品で、一般的なシャープペンシルでは最も細い芯径だった「0.3」よりも、さらに細い芯径の「0.2」でも書く事ができるシャープペンシルを開発した。

 「0.2」でも書ける秘密は、新開発の芯が減るのに合わせて先端パイプがスライドする機構「オレンズシステム」による。「同機構は芯がパイプに常にサポートされている状態で筆記することを可能にした」(同社)。

 もう一つの注目製品は、プラスするカスタマイズペン「アイプラス」(3本用ボディ税別150円、5本用ボディ250円、3月発売)。

 お気に入りのイヤホンジャックアクセサリーをペントップに付けられる全く新しいカスタマイズペン。また、販売店への集客販促を備えたカラーオーダーシステムを準備中で、新市場となるコミュニティ単位での発注需要を創造する。

 さらに、「アイプラス」と小中高生に人気のバーチャル歌手「初音ミク」とのコラボステーショナリーを今年3月から限定発売する。

 8日午前11時15分の記者発表には、和田社長の他、平間常務国内営業本部長、耒谷(きたに)執行役員マーケティング推進部長が出席。

 和田社長は「新体制となって2回目の開催。海外を回り、やはりぺんてるは創業時から新製品開発、商品企画の会社と再確認した。一番早い時期の商談会となるが、顧客のニーズをつかみ、積極的な行動で次の商品ヒットも得られると思う」と挨拶。

 続いて耒谷部長から開催コンセプトとして、「新体制になって1年半。ぺんてるの存在価値を考えた時に行き着いたのが、 “『表現』のとなりに。『表現』の未来へ。ぺんてるは『表現』を支える会社です。”という新メッセージ。これまでも、色へのこだわり、先端の技術、誰でも使える道具の3つのこだわりで表現を支えてきた」と説明。また、「日本の文具店が活性化している。当社は来店者促進の新サービスを通じて、日本の文具業界を活性化していく」と「カラーオーダーシステム」を発表した。

 続いてなめらか油性ボールペン「ビクーニャEX」新色、超薄型4.5㍉の消しゴム「アイン サラ」、ゲルインキボールペン「エナージェル」の新ボール径追加、宝石みたいな修正テープ「ジュエリッシュ」のリニューアルなど新製品が発表された。

 会場では、新製品や定番製品の紹介に加えて、同社の持つ最新テクノロジーが紹介された。「0.2」シャープ新製品の隣には、ヘアライン並の細さである「0.1」ミリのシャープペンシルが参考出品され、試し書きを希望する来場者で混雑した。

 また初日午後1時から美人書道家としてマスコミで話題の中塚翠涛(すいとう)先生によるデモも行われた。

[最近の記事一覧]