文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

レイメイ藤井 2021ダイアリーを発表 オンラインや動画で積極商談

2020年05月27日

この様な時代こそ、ユーザーに寄り添い「ともに」歩んでいきたい。そして未来に向けて「ともに」考えていきたい。その思いを実らせるためアンケート企画を実施する

SNSで人気のkeptにダイアリーが新登場

 レイメイ藤井(藤井章生社長)は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、例年5月に東京本社ショールームで行なってきたダイアリーフェアの商談対応を変更、オンラインや電子メールなどを活用した、新しい商談スタイルを打ち出している。

 同社は5月14日、15日に予定していた「ダイアリーフェア」を来場型から、1)カタログ、提案資料での「オンライン商談」、2)カタログ、提案資料「メール送信、郵送などでの商談」、3)安全確保、合意による「訪問商談」、4)安全確保、合意による「来場商談」の4つの方法に変更した。

 得意先の販売店、代理店などには、先の2つの「カタログ、提案資料での〝オンライン商談〟」と「カタログ、ご提案資料〝メール送信〟郵送等でのご商談」の【密】を避けた商談を大前提、最優先として行う旨を案内する。

 オンライン商談では、5月下旬から、PCで閲覧できる商品・展示陳列画像・動画などを用意。来場を希望する場合は、三密を避けた事前予約制として、6月末まで展示を紹介する。

 今回は、「新しいライフスタイルへの進化&継続するバリュー」をテーマに、2021年向けシステム手帳、リフィル、ダイアリーなど、個性豊かな商品を提案する。

 システム手帳では、1996年から変わらない品質の「Davinci」、働く女性にトレンドデザインの「Keyword」、毎日を豊かに演出する「decona」など、全13アイテム、44skuを揃える。

 リフィルは、A5、聖書、ポケットの3サイズで紙質にこだわった4種を用意。リピーターからの要望による豊富フォーマットも揃えた、全99アイテム、99sku。さらにスマホアプリ“リフィルストッカー”でITとアナログの共生を提案する。

 ダイアリーでは、「フォルダイアリー」は使い勝手と耐久性向上し、リフィルには新商品が登場。コンパクトダイアリーの「グロワール」が本文用紙をトモエリバーにリニューアルし、新たな装いで登場。「カラーインデックスシリーズ」に、毎月変わる素敵な花のイラストがついた日曜始まりと、右ページで4項目ごとに予定管理できる4プランが新登場。

 また、SNSで大人気の「kept」ペンケースをダイアリーに広げ製品化した、収納付きの「kept」ダイアリーが登場。「ノフェスダイアリー」はニュートラル・アースなど今年のトレンドカラーを取り入れ大人の女性を演出する。
 
 さらに、購入者限定で新企画「ダイアリー・アンケートキャンペーン」を実施する。ユーザーの声を集め、ユーザーが本当に欲しい理想のダイアリー開発に役立てるもので、購入した商品へのアンケートに答えると、Amazonギフト券500円分が抽選で合計1000名に当たる。応募期間は、2020年8月1日~2020年12月31日。

 藤井社長は、5月25日のオンライン会見で「テレワークが普及する新時代の中で、アイデアを出していきたい」と語った。

[最近の記事一覧]