文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

キングジム ポータブル翻訳機を追加発表 最多155言語、市場拡大で

2019年11月20日

ポータブル翻訳機「ワールドスピーク」HYP10を手にする女性と亀田常務(右)と高尾氏(左)

持ち運びに便利なポータブル翻訳機

 キングジム(宮本彰社長)は、11月20日都内で発表会を開き、翻訳機「ワールドスピーク」シリーズの新モデルとしてオンライン(155言語)だけでなくオフライン翻訳(17言語)にも対応し、持ち運びに便利なポータブル翻訳機「ワールドスピーク」HYP10を、12月6日から発売する。

 翻訳機市場は、訪日客の増加などで需要が拡大している。今年7月に参入し、予想を超える手応えがあったキングジムは、今後首都圏から、地方都市にもアプローチしていく構えだ。

 亀田登信常務取締役開発本部長は「今年7月に、据え置き型の2台一組のセットで宿泊施設、役所、金融機関などの法人ユーザーを対象に翻訳機市場に参入したところ、発売以来、大画面でわかりやすいや、操作性が好評を得て、導入が増えている。お客さまに理由をお伺いしたところ、ある共通点があった」。

 「増え続ける訪日客や日本在住の外国人に対して、相手の言語でコミュニケーションを取るための人材確保が困難で、特に地方都市ほど、その傾向が顕著。首都圏だけでなく、今後地方都市でも訪日客などの増加が見込まれており、翻訳機の需要は一層高まると考えている」。

 「また屋外や現場でも手軽に持ち運べるものが欲しいとの要望もあり、ポータブルタイプをラインアップに追加する。据え置きタイプとポータブルタイプを揃えることで、当初ターゲットとしていた窓口業務はもちろん、接客業務や屋外での対応など広いシーンでの翻訳機使用を可能にする。当社はファイルやテプラを通じて、法人ルートに強みをもっている。これを活かして、地方の法人に対しても用途に合わせた提案を行い、市場の拡大と獲得に努めていきたい」と背景を説明。

 続いて、開発本部電子文具開発部デジタルプロダクツ課の高尾政利リーダーから新製品の機能が紹介された。

 「ワールドスピーク」HYP10は、ワンタッチ操作で翻訳できる持ち運びに便利なポータブル翻訳機。

 本体の会話ボタンを押して本体に向かって話すと、翻訳結果が画面に表示され、音声でも聞くことができる。オンラインでの翻訳は、各国の言語に合わせて複数の翻訳エンジンから自動選択するため、高精度で翻訳できる。オフラインでも英語・中国語などの主要な17言語の翻訳が可能。

 また、音声コマンド機能は本体の「マジックホームボタン」を押し、言語名、もしくは国名を話すだけで、瞬時に翻訳言語を選択することが可能。実際に翻訳した内容は履歴に残るだけでなく、よく使うフレーズなどをお気に入りに登録する便利な機能も備えている。

 通信方法は無線LANとモバイルデータ通信から選択でき、モバイルデータ通信には、時間帯問わず安定的な翻訳が可能なソフトバンク社の国内専用SIMカードと、178の国と地域で使用可能なグローバル対応SIMカードを用意した。

 ラインアップは、本体のみ、グローバル対応SIM(1GB)付モデル、グローバル対応SIM(3GB)付モデル、国内専用SIM(2年間通信使い放題)付モデルの4モデル。

 価格帯は、税抜2万6000円~5万6000円。

[最近の記事一覧]