文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

ナカバヤシGが展示会開催 夏以降に発売する新製品を多数展示

2019年06月27日

多くの来場者でにぎわう会場

機密文書などの印刷物を処分するまで保管する「スマートボックス」

 ナカバヤシ(湯本秀昭社長)とグループ4社は、6月25日~26日、東京・浅草橋のヒューリックホール2階で新製品発表会「ナカバヤシグループフェア2019」を開催した。

 テーマは「総・想・創」。約1000アイテムを出品し、グループ各社の新製品、新サービスの展示や販促ツールの提案を行った。代理店、GMS、HC、百貨店、小売店などのバイヤーらが来場した。

 出展したのは、ナカバヤシのほか、フエル販売、ミヨシ、フランクリン・プランナー・ジャパン、リーベックス。

 ナカバヤシコンシューマーコミュニケーションカンパニーでは、アルバムや紙製品など新製品を紹介。「Lサイズ超透明6Lポケット台紙」は、ヨコ向き・タテ向きどちらの写真に対応できるポケットタイプの台紙。また、1mm厚のアクリル板を採用した軽量タイプのフレーム「フロートフレーム」は、磁石付きのスタンド棒で固定することができ、壁に穴を開けずに設置することができる。

 ナカバヤシオフィスアプライアンスカンパニーでは、シュレッダーなど事務機器を展示。「スマート回収ボックス」は、オフィスなどで、機密文書を効率よく回収するために開発。処分したい機密文書など印刷物を入れておくことができ、ボックスの満杯状況は本体のランプやメールなどで通知される仕組みになっている。

 そのほか、さまざまな新製品が展示され、来場者は熱心に担当者の説明に聞き入っていた。

[最近の記事一覧]