文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

銀座 伊東屋で「バレットジャーナル」発案者のトークショー開催

2019年04月27日

バレットジャーナルの発案者ライダー・キャロル(Ryder Carroll)氏

4月18日に発売された「バレットジャーナル 人生を変えるノート術」(ライダー・キャロル著/栗木さつき訳/ダイヤモンド社)

 4月20日、G.Itoya10階のHandShake Loungeで「バレットジャーナル 人生を変えるノート術」(ダイヤモンド社)の発売を記念して、著者のライダー・キャロル氏が来日しトークショーを行った。

 同イベントは文具ソムリエールとして活動する菅未里氏をゲストに迎え対談形式で行われ、「ロイヒトトゥルム」が公式ノートとなったきっかけや、使っているペンはファインライナーであることなどを話した。

 また、イベントに先駆けてプレス向けの取材会が行われた。ライダー氏は自身がADD(注意欠陥障害)を抱えていることなどを説明したあと、それに由来するタスク管理の難しさなどに対してバレットジャーナルを試し効果があったと説明。

 バレットジャーナルを考案するきっかけとしては、「学生時代、ノートに絵を描き授業の記録をしていた。文字での記録だと集中することがうまくできなかった。最初のうちは教師が見ている間は字で記録するフリをし、見ていない間に絵を描きごまかしていたが、ある時それを見抜き、理解してくれた教師がいた。その後しばらくして、バレットジャーナルの発想に至ったのは大人になり働きはじめてから」などと話した。

[最近の記事一覧]