文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

サクラクレパス 大阪工場に新本部棟建設 創業100周年を記念して

2018年12月12日

新本部棟のイメージ

オープンミーティングコーナーは、トップライトによる明るく健康的な空間を創出する

 サクラクレパス(大阪市、西村彦四郎社長)は、創業100周年記念事業の一環として、東大阪市にある大阪工場内に研究部門・技術開発部門・生産事務部門、厚生施設を一堂に集約した新本部棟の建設工事を、2019年3月から開始する。

 新本部棟の完成および稼働は2020年8月からを予定する。

 建設予定の新本部棟は「“新しい”が生まれるパレット」というコンセプトの元、研究部門・技術開発部門・生産事務部門を一つの建物の中に集約し、各部門が共に仕事をすることで、社員同士がお互いのコミュニケーションを高め、より仕事の質を高めていくことを目的とする。

 コンセプトにある「パレット」上で色が交わると、さまざまな色が生まれるように、新本部棟でも社員同士のコミュニケーションの場が増えることで、多様な個性や知恵が交わり、新しい力(発見)を生み出すフィールドにしていきたい考えだ。

 温かみのある内装デザインにより、事務所エリアは、レイアウトフリーに対応する均質な執務環境にすることで、気軽なコミュニケーションを促進する。


【サクラクレパス新本部棟の計画概要】

計画地: 東大阪市加納7丁目18番47号
建物用途: 研究所、事務所、厚生施設
敷地面積: 49,414.06㎡
建築面積: 約2,600㎡
延べ床面積: 約6,400㎡
構造・規模: 地上3階建て
付属建物: 駐輪場、通路上屋
工事期間: 既存建物解体工事: 2019年3月~2019年8月
計画建物新築工事: 2019年9月~2020年7月

[最近の記事一覧]