文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

コクヨS&Tがリテールメッセ2013を開催 7割が新製品

2013年07月26日

コクヨリテールメッセ会場

編集を変えることで売上に結びつけたペンケース「ネオクリッツ」。発売から6年半で累計100万個を販売。そのうちの半分は直近6ヶ月だ

 コクヨS&T(森川卓也社長)は、7月25日、26日、品川のコクヨ東京ショールーム2階と3階で、文具専門店、量販店などを対象にステーショナリー新製品や既存品の編集提案、販売促進の提案などを行う「コクヨS&Tリテールメッセ2013」を開催し、2日間で約800名が来場した。

 同社はリテールメッセを、売上起点としての場と位置づけ、商品情報を伝えることために、さらに編集を効かせたた展示企画を用意した。テーマは、「あ!」。あたらしい、あらためて、あたためての3つの「あ!」を用意した。

 出展500アイテム中365アイテムを新製品で占め、社会が多様化する中での、きわだつ新製品を紹介した。展示は売場を想定した提案、新製品、納品店向け展示の3コーナーで構成した。

 売場を想定した会場ゾーニングでは、「書く」「切る」「綴じる」「整理する」などのテーマで商品を括り提案した。

 書くでは、「鉛筆シャープ」、ペンケース「ネオクリッツ」、軽い力で消せるプラスチック消しゴム「リサーレ(プレミアムタイプ)」など、多くの顧客から好評を得ている商品を売場作り提案と共に紹介した。

 主な新製品では、新開発のハイブリッドアーチ刃を採用したハサミ「エアロフィットサクサ」、塗ったところがひと目でわかる赤い瞬間接着剤「レッドテック」など、編集を効かせた製品の数々を紹介した。

 また文具専門店向け、量販店向けのモデルゴンドラや納品店向け展示コーナーでは、官公庁、教育機関、医療機関などの業種別に提案事例を紹介した。

[最近の記事一覧]