文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

コクヨ、松竹芸能とスポンサー契約 大阪・道頓堀で「面白空間」演出

2013年07月12日

オリジナル表紙のキャンパスノート「ネタ帳」も作成(イメージ)

松竹芸能新オフィスイメージ

 コクヨ(大阪市、黒田章裕社長)は、7月28日にオープンする大阪・道頓堀「角座広場」を運営する松竹芸能(大阪市、井上貴弘社長)と今年8月から5年間のスポンサー契約を締結し、同広場に各種ユニークな仕掛けを提供する。

 広場では、オープンスペースの「まるみえ社長室」に芸人さんがネタを集中的に考えるための空間を設けたり、同社人気の消しゴム「カドケシ」をソファーに変身させたりする他、多種にわたるユニークな仕掛けをもって「面白空間」を演出する予定。

 また、今回、同広場に移転する松竹芸能の本社オフィスについて、コクヨファニチャーが、お笑い「工場」をテーマにしたオフィスコンセプトから設計・デザイン、内装工事、什器備品の納入に至るまで、その空間構築のサポートを行っている。

 上方演芸文化を支えていく若手の芸人さんに向けて、コクヨS&Tと松竹芸能がコラボレーションしたオリジナル表紙のキャンパスノート「ネタ帳」も作成する。

 同社と同社グループは大阪に本社を構える企業として、上方が誇る「お笑い」文化をサポートするとともに、道頓堀地区の活性化に貢献していく。また、柔軟な企画力と空間構築力を活かした各種ユニークな仕掛けから、主に若年層の来場者に対して同社の認知度アップに努める。

[最近の記事一覧]