文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

東京文具工業連盟 ベトナム・ラオカイ省の生徒たちへ文房具を寄贈

2013年03月13日

サクラクレパス西村貞一社長の仲介により、日越関西友好協会と東京文具工業連盟が協力

寄贈された文房具は会員40社から、5万7000点、金額にして870万円相当

 社団法人東京文具工業連盟(東文工連、今泉嘉久会長)とNPO法人日越関西友好協会(和田貞夫理事長・西村貞一会長)は、ベトナム社会主義共和国ラオカイ省の生徒たちへ文房具を寄贈し、贈呈式が3月7日午前10時から、東京都渋谷区のベトナム大使館で行われた。

 ベトナムへの文房具寄贈は、サクラクレパス西村貞一社長の仲介により、日越関西友好協会と東文工連が協力し実現したもの。寄贈された文房具は会員40社から、5万7000点、金額にして870万円相当となった。

 贈呈式には、ベトナム大使館側から、DOAN XUAN HANG(ドァン・スァン・フン)特命全権大使、DO VAN TRUNG(ド・バン・チュン)一等書記官(教育と訓練事務所長)をはじめ関係者、日越関西友好協会からは和田貞夫理事長、石黒博俊事務局長、古賀功一事務局次長、東文工連から今泉会長、大沼章浩専務理事が出席。

 はじめに、石黒事務局長から日本側の出席者が紹介され、チュン一等書記官からベトナム側の出席者が紹介された。

 和田理事長は、「本日は、日越関西友好協会が中に入り、東文工連から文房具を寄贈する事となった。大使のお世話でラオカイ省の子供たちに文房具を贈り、これを使って子供たちが大きく育っていく事を願っている。私たち日越関西友好協会は、この文房具を届ける費用を負担させて頂き、両国の平和、アジア・世界の平和の為に役立つ事を願っている」と挨拶した。

 次いで、今泉会長から「当連盟は有力メーカーが加盟し、貴国に文房具を贈りたいと考え、それをお受け頂き感謝している。会員各社はベトナムに工場を持っている会社が沢山ある。当社も3つの工場があり、2600人の方に働いて頂いている。ベトナムの方々の優秀性、勤勉性などに日頃から感銘している。何かお返しをしたいと考えていた所、このような機会をつくって頂き感謝している。今後も友好を強めて行きたい」とあり、文房具の目録が贈呈された。

 これに対し、フン大使は「和田理事長、今泉会長はじめ皆様にベトナム政府を代表してあたたかいご支援に感謝の意を表したい。この贈呈により、日越関西友好協会と東文工連のお蔭で両国の関係も深まっている。両国の繋がりは発展し、お互いに信頼関係も高くなっている。日本においても、ベトナム人をあたたかく迎えてくれている。ベトナムにおいても日本の方々をあたたかく迎えているが、これを機にますます強くなっていくと思う。これまで、日越関西友好協会に大きなご支援を頂き、東文工連の方々にも大変感謝をしたい。文房具が子供達に手渡せるように本国へも良く伝えておく。今年は外交40周年なので、両国の活動を活発にしたい」と挨拶し、和やかな歓談の後、全員で記念撮影を行い贈呈式を終了した。

[最近の記事一覧]