文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

キヤノン 趣味なら本気で デジタル一眼レフカメラ「EOS 60D」発表

2010年08月26日

(左から)キヤノンマーケティングジャパン川崎正己社長、渡辺謙さん、キヤノン真栄田正也常務(8月26日品川) 

50Dの後継となるキヤノン「EOS 60D」は9月中旬発売

 キヤノンは8月26日、デジタル一眼レフカメラの新製品「EOS 60D」を9月中旬から発売することを発表した。

 同製品は「EOS 50D」の後継モデルで、さらに基本性能を向上させた。「趣味なら本気で」をキャッチコピーに新規購入者をターゲットとし、カメラ初心者からハイアマチュアまでが、本格的に写真撮影が楽しめる機能を採用。1800万画素のCMOSセンサーを搭載し、高性能映像エンジン「DIGIC4」により、常用設定できるISO感度が100~6400まで拡大した。

 また、「EOSシリーズ」初のバリアングル・クリアビュー液晶モニターを搭載。ハイアングル、ローアングルでも液晶モニターを見ながら撮影ができる。

 その他、「ソフトフォーカス」や「ラフモノクロ」、「ジオラマ風」など映像表現が設定できる「アートフィルター機能」も備えた。

 市場の想定価格はボディのみで13万前後。レンズキット、「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS」は14万円前後、「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS」は17万円前後。

 新製品の記者発表会場には、コミュニケーションパートナーの渡辺謙さんが登場。CM撮影現場や製品について語った。CMは9月中旬から公開される。
 

[最近の記事一覧]